ドラマQ - テレビドラマ情報 みんなのドラマレビューブログ記事 新作ドラマ 出演者 スタッフ みどころ など

新ドラマQ

ドラマ系ブログの最新記事

告発〜国選弁護人

木曜  21:00〜 告発〜国選弁護人 テレビ朝日系
2011年1月13日〜

【キャスト】
佐原・・・田村正和
田中純子・・・真矢みき
佐原鶴子・・・相武紗季
鶴岡健次・・・近藤芳正
富田博・・・松尾敏伸
佐藤健吾・・・山口智充
岡部雅也・・・橋爪功

【スタッフ】
脚本:竹山洋
演出:藤田明二
音楽:沢田完
チーフプロデューサー:五十嵐文郎
プロデューサー:内山聖子、藤本一彦
制作協力:ガロパン・カート・フィルム
制作著作:テレビ朝日

【概要】
罪を犯した人間を救うため真実を探し続ける国選弁護人・佐原。

【公式サイト】
http://www.tv-asahi.co.jp/kokuhatsu/

【各話サブタイトル】
1月13日 第1話 夫殺しの女
1月20日 第2話 疑惑の女
1月27日 第3話 アリバイの壁
2月03日 第4話 二つの顔を持つ女
2月10日 第5話 記憶を消した女
2月17日 第6話 弁護側の証人
2月24日 第7話 時効殺人の女
3月03日 最終話 最後の証言
[ 2011/02/25 12:17 ] 2011年1月期 | TB(7) | CM(-) | はてなブックマーク - 告発〜国選弁護人
スポンサーリンク

トラックバック:
この記事のトラックバック URL

トラックバックがとばない場合はこちらを確認してみてください

■告発〜国選弁護人。五〜七話ほんと渋いというか。いいですね。ドラマの雰囲気は連ドラというより二時間サスペンスっぽい感じなんですけど。雰囲気でてます。火が見える・・と娘を突き落としてしまった?若村麻由美の演技もすごかったけど、後半の過去話の真実が現在の事件と彼女の背景を潜在的に結びつけていき、いい展開でした。七話では最初の話(本編)の続きに戻って白熱してますね。田村正和と橋爪功の親友なのに相反する関係になってしまう部分も、どこかかっこよくもどかしくて、なんともいえない。ドラマなん...
[2011/02/27 04:01] NelsonTouchBlog
「時効殺人の女」  赤堀事件の後、姿を見せなくなった岡部(橋爪功)を、久しぶりに街で見かけた佐原(田村正和)は、急いで岡部のもとへと走ろうとするが、岡部は止めてあった外車に乗り込み、走り去ってしまう。佐原がタクシーで後を追うと、その車は藤尾派が集まる料…
[2011/02/26 19:52] ドラマハンティングP2G
告発〜国選弁護人 第7話岡部(橋爪功)を見かけて追いかけた佐原(田村正和)は藤尾派が集まる料亭に到着。料亭の外には、藤尾代議士(浜田晃)を内偵中の検事、柳田(西村雅彦)がいました。彼は、岡部が乗ったのは、石川財閥会長の松子(市原悦子)の車と教えるのですが、突如、松子が銃弾に倒れてしまい…。いきなり新キャラも含めて、(このドラマの)オールスターがゴチャゴチャ出すぎですよ〜(汗)。以下、感想です。 ...
別館ヒガシ日記から他ブログTB送信が出来なくなりまして他ブログからのTB受信は出来ますので下記アドに願います2月18日 Rio&国選弁護人&外交官 黒田TBアドレスh ...
[2011/02/18 20:16] スポーツ瓦版
記憶を消した女 う〜〜〜〜〜ん、結局「火の記憶」ってなんだったんですか??事件に関係ありました??弁護に関係ありました??私がアホウなだけかもしれませんが、なんかスッキリしません。結局熱子(若村麻由美)は春子ちゃん(杉山優奈)を殺しちゃっていたんでしょう。てっきりこっちもやってないのかと思っていたのになぁ…。秀子ちゃん(川島鈴遥)の死は事故だったわけですが、それって結局そのときの記憶を取り戻したという熱子の証言でしかないわけですし…。う〜〜〜〜ん、スッキリしない…。検察が言っていた、「秀子ちゃんはま...
二つの顔を持つ女 えっと…、これって松本清張原作のドラマ化なんですよね。番組ラストにそんなようなテロップあったくらいですし。でも…、これって…、数年前の東北で起きたあの事件を彷彿とさせるような…。娘が川で亡くなっちゃって、事件だ事件だと騒いでいて、近所の男の子を殺害していた母親のあの事件に似ているような…。あの事件、もう刑は確定したんでしたっけ??なんだか記憶に残っている事件にあまりにも似ているような気がして、怖いというかなんというか…。さて、それはともかく、ドラマの話を…。また前後編ものになっ...
レベルEは予想外の王子ドッキリも最初から部下を試すだけ驚きだがディスクタンが好き面白く3ヶ月が経ち王子が再び戻って来て次から新章の様で今後も楽しみだよ
[2011/01/29 21:37] 別館ヒガシ日記
最新トラックバック