ドラマQ - テレビドラマ情報 みんなのドラマレビューブログ記事 新作ドラマ 出演者 スタッフ みどころ など

新ドラマQ

ドラマ系ブログの最新記事

軍師官兵衛 - 2014年大河ドラマ 岡田准一

軍師官兵衛
2014年1月5日~

[キャスト]
岡田准一 谷原章介 高岡早紀 塩見三省 益岡徹 尾藤イサオ 濱田岳 永井大 金子ノブアキ 南沢奈央 大谷直子 近藤芳正 ピエール瀧 磯部勉 上杉祥三 団時朗 升毅 隆大介 飯田基祐 江口洋介 内田有紀 春風亭小朝 勝野洋 竹中直人 黒木瞳 田中圭 眞島秀和 片岡鶴太郎 竜雷太 田中哲司 生田斗真 吉本実憂 松坂桃李 吹越満 速水もこみち 高橋一生 塚本高史 別所哲也 鶴見辰吾 山路和弘 陣内孝則 ほか

[スタッフ]
作:前川洋一
音楽:菅野祐悟  
テーマ音楽演奏:NHK交響楽団 テーマ音楽指揮:広上淳一
題字:祥洲
演出:田中健二 本木一博 大原拓 ほか
制作統括:中村高志
プロデューサー:勝田夏子

[概要]
“人は殺すよりも使え”―― 黒田官兵衛は、戦国乱世にあって一風変わった男だった。生涯50数度の合戦で1度も負けを知らなかった戦の天才だが、槍や刀で人を殺すのではなく、智力で敵を下す、それが官兵衛の真骨頂だった。2014年大河ドラマは乱世の終焉を壮大に描く本格戦国時代劇です。

公式サイト
NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」

お知らせページ
2013年08月16日 「軍師官兵衛」キャスト発表第3弾
2013年08月07日 「軍師官兵衛」新キャスト発表、第二弾
2013年05月10日 「軍師官兵衛」新たなキャスト発表
2012年10月10日 2014年の大河ドラマは「軍師官兵衛」。岡田准一が官兵衛に!

[ 2014/01/15 16:55 ] 大河ドラマ | TB(212) | CM(-) | はてなブックマーク - 軍師官兵衛 - 2014年大河ドラマ 岡田准一
スポンサーリンク

トラックバック:
この記事のトラックバック URL

トラックバックがとばない場合はこちらを確認してみてください

伊之助(大沢たかお)と兄・寅次郎(伊勢谷友介)は親友となり、熱く議論を交わしていた。 文(井上真央)はひそかに伊之助に憧れる。 一方、姉の寿(ひさ)(優香)には、寅次郎の人望により、格上の家との縁談が持ち上がる。 しかしその頃、東北視察の許可が得られないことに業を煮やした寅次郎が脱藩。 杉家は窮地に至り、寿の縁談も破談に。 沈む家族を見た文は、自身の想いを胸に秘めたまま、伊之助...
公式サイト 関ヶ原の戦いは長政(松坂桃李)の活躍で家康(寺尾聰)が勝利した。その
[2014/12/22 15:59] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第50回「乱世ここに終わる」(終) 関ヶ原の戦いを制した家康(寺尾聰)と会見する如水(岡田准一)。 「この後徳川殿はどのような世をおつくりなさるのかお聞かせ願いたい。」 家康「天下はそれを治めるにふさわしい者が治めるのがよい。されど天下は一人の天下にあらず。天下は天下の天下なり。わしが死んでも争いの起こらぬ太平の世をつくる。それがわしの望みじゃ。」 如水...
[2014/12/22 10:43] 世事熟視〜コソダチP
まずはブログとプロフでコメントを下さった方々、ありがとうございます!お返事、今しばらくお待ち下さいね!!m(__)mさて、遅くなりましたが 本日の大河、最終回の感想です。時間が...
関ヶ原の戦いは長政(松坂桃李)の活躍で家康(寺尾聰)が勝利した。 そのころ如水(岡田准一)は天下を狙って九州の大半を手にしたが、天下分け目の 決戦が一日で終わり、その夢は破れる。 三成(田中圭)は謀反人として捕えられ、長政は筑前52万石の太守となる。 如水は大坂で天下人となった家康と対じ、その志の高さに触れ潔く負けを認める。 新たに築城した福岡で如水は静かな晩年を過ごし、やがて...
公式サイト 如水(岡田准一)はひそかに天下取りの野望を抱き九州平定に乗り出した。
[2014/12/10 16:22] 昼寝の時間
なんとか冒頭から見ようと頑張ったんですが、今日は途中からになりました・・・(__;)しかも遅い時間ですが 書いてみようと思います。わたしがテレビをつけた時は 石垣原合戦の真っ...
如水(岡田准一)はひそかに天下取りの野望を抱き九州平定に乗り出した。 黒田勢は三成(田中圭)によって九州に送り込まれた大友勢と激突、九郎右衛門 (高橋一生)の活躍で敵の猛将、吉弘統幸(的場浩司)を討ち取り大勝利、九州を 席けんしていく。 一方、家康(寺尾聰)と三成、東西両軍激突の瞬間が近づいていた。 長政(松坂桃李)の調略が功を奏し西軍は内部分裂状態。 形勢挽回を図る三成は関...
公式サイト 家康(寺尾聰)打倒をかかげ挙兵した三成(田中圭)は大坂城に入り、東軍
[2014/12/01 14:37] 昼寝の時間
ちょっと時間が遅くなりましたが来ております(^^;)ゞm(__)mいや、今日は最初の5分くらいかな、見逃したのは。いつも以上にリアルタイムで見れたと言うのにこちらも先ほどの「七つの大...
家康(寺尾聰)打倒をかかげ挙兵した三成(田中圭)は大坂城に入り、東軍諸将の 妻子を城内に集めるよう命じる。 光(中谷美紀)と栄(吉本実憂)は善助(濱田岳)、太兵衛(速水もこみち)の手によって 決死の大坂脱出を試みる。 一方、長政は豊臣恩顧の武将たちを東軍に取り込むため調略に動きだす。 そんな中、如水(岡田准一)は九州中津で瞬く間に九千ものろう人兵を雇い入れ天下を 驚かせる。 ...
公式サイト 家康(寺尾聰)によって隠居に追い込まれた三成(田中圭)は反撃の機会を
[2014/11/25 15:02] 昼寝の時間
まずはブログとプロフでコメントを下さった方々、ありがとうございますm(__)mお返事、もう少しだけお待ち下さいね!!m(__)mさて、軍師官兵衛ですが。絶対途中からになるんだよな〜〜、...
家康(寺尾聰)によって隠居に追い込まれた三成(田中圭)は反撃の機会をうかがう。 対して、如水(岡田准一)は天下へ名乗りを上げるべく、ひそかに形勢を探り始める。 家康は黒田と関係強化を狙い、長政(松坂桃李)に養女の栄(吉本実憂)との縁談を 持ちかける。 家康を天下人に押し上げると覚悟を決めた長政は糸(高畑充希)に離縁を告げる。 家康は上杉を討つため出陣。大坂が空になり、ついに三成...
公式サイト 秀吉(竹中直人)の死により、長政(松坂桃李)らを取り込んだ家康(寺尾
[2014/11/17 15:06] 昼寝の時間
遅くなりましたが、軍師官兵衛。今日は見れましたよ! 最初からっ!!(^0^)まずは 今見つけたこんなニュース。→こちらです。春風亭昇太さんが軍師官兵衛に出られるとは!(^0^)いや...
秀吉(竹中直人)の死により、長政(松坂桃李)らを取り込んだ家康(寺尾聰)と、 大老・前田利家(横内正)と結ぶ三成(田中圭)との権力闘争が始まる。 家康は秀吉の遺言を次々と破り三成を挑発、天下への野心をあらわにする。 如水(岡田准一)は一触即発の事態の収拾を図るが、淀(二階堂ふみ)とおね (黒木瞳)の亀裂も決定的となり、利家の死で均衡は崩れ、家康派の武将による 三成襲撃事件が勃発...
公式サイト 父・如水(岡田准一)と兄・長政(松坂桃李)の後を追い、船で朝鮮へ向か
[2014/11/10 15:12] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第45回「秀吉の最期」 すっかり弱って床に伏している秀吉(竹中直人)。 年老いて手は震え肌つやも極度に悪い。 「儂は多くのものを殺した」 利休や秀次の悪夢に悩まされているという秀吉。 こけた頬、うつろな目。 竹中直人、芝居に凄味があるなぁ。 「この儂は、間違っていたと思うか・・・」 如水(岡田准一)は「殿下は信長公にこだわりすぎたのです。」 ...
[2014/11/10 10:50] 世事熟視〜コソダチP
遅い時間になりました。今日は最初からリアルタイムで見れるだろうと思ってたんですけど、晩ご飯の支度も早く済んでいたのですけど・・・何故か途中からしか見れない軍師官兵衛・・...
父・如水(岡田准一)と兄・長政(松坂桃李)の後を追い、船で朝鮮へ向かった 熊之助(今井悠貴)は行方不明となり、出発を目撃しながら制止しなかった糸 (高畑充希)は罪悪感を募らせる。 死期が近づいた秀吉(竹中直人)は、豊臣家の先行きを憂い、如水を朝鮮から 呼び戻し、秀頼らの行く末を託すが、如水は意外な答えを口にする。 一方、淀(二階堂ふみ)と三成(田中圭)は天下をうかがう家康(寺尾...
公式サイト 秀吉(竹中直人)に男子・拾(後の秀頼)が生まれ、生母・淀(二階堂ふみ
[2014/11/04 15:41] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第44回「落ちゆく巨星」 秀吉(竹中直人)「秀次の官位官職は全て召し上げる。高野山にて蟄居するように申しつけよ。」 それで良いと思うんだけど、茶々は不満顔。 「拾の先行きをお考え下さい。」 三成(田中圭)は暗黒顔。 <秀吉が秀次に切腹の命を下したのはそれから7日の後であった。> 善助が報告「秀次公ご一族 ことごとくご成敗されました。僅か6歳であっ...
[2014/11/03 09:47] 世事熟視〜コソダチP
久しぶりの大河感想です!ええ、今日は久しぶりに8時10分過ぎくらいからかな、見ました! リアルタイムで!!もう録画がなかなか見れなくて・・・(^^;)2週間ぶりですかね、感想書...
秀吉(竹中直人)に男子・拾(後の秀頼)が生まれ、生母・淀(二階堂ふみ)と三成 (田中圭)は拾を豊臣家の跡継ぎにすべく暗躍。 邪魔者と化した関白・秀次(中尾明慶)は切腹に追い込まれる。 秀吉の死期が近いことを悟った如水(岡田准一)は、再度の朝鮮出兵を宣言した秀吉の 側に仕え、その暴走を押さえこむ道を選ぶ。 如水、長政(松坂桃李)より朝鮮出陣を止められた次男・熊之助(今井悠貴)は思...
公式サイト 三成(田中圭)のわなにかかり秀吉(竹中直人)のげきりんに触れた官兵衛
[2014/10/27 15:08] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第43回「如水誕生」 三成(田中圭)のわなにかかり秀吉(竹中直人)のげきりんに触れた官兵衛(岡田准一)は、てい髪し如水円清と名乗って秀吉の許しを請う。おね(黒木瞳)からの助命嘆願や淀(二階堂ふみ)が新たな世継ぎ・拾(後の秀頼)を産んだこともあり、何とか切腹を免れた如水は隠居を宣言。 如水が切腹にならなかったときの三成(田中圭)の「ガッカリ顔」にムカムカ!! いやな...
[2014/10/27 11:15] 世事熟視〜コソダチP
三成(田中圭)のわなにかかり秀吉(竹中直人)のげきりんに触れた官兵衛 (岡田准一)は、てい髪し如水円清と名乗って秀吉の許しを請う。 おね(黒木瞳)からの助命嘆願や淀(二階堂ふみ)が新たな世継ぎ・拾(後の秀頼)を 産んだこともあり、何とか切腹を免れた如水は隠居を宣言。 一方秀吉は実子を得たことで関白の座をおいの秀次(中尾明慶)に譲ったことを後悔し 両者にあつれきが生じる。 秀次...
公式サイト 秀吉(竹中直人)は諸大名に渡海しての出兵を命じ、自らは官兵衛(岡田准
[2014/10/20 14:34] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第42回「太閤の野望」 秀吉(竹中直人)は諸大名に渡海しての出兵を命じ、自らは官兵衛(岡田准一)に築かせた肥前名護屋城に陣取った。関白の座を譲り太閤と称する天下人・秀吉を止められる者はもはや誰もおらず、官兵衛や長政(松坂桃李)も朝鮮へと出陣する。破竹の勢いで半島を進撃した日本の軍勢だったが、次第に戦況は悪化、官兵衛は首都を死守せよとの秀吉の命を無視し全軍の撤退を提案・・・...
[2014/10/20 09:29] 世事熟視〜コソダチP
秀吉(竹中直人)は諸大名に渡海しての出兵を命じ、自らは官兵衛(岡田准一)に 築かせた肥前名護屋城に陣取った。 関白の座を譲り太閤と称する天下人・秀吉を止められる者はもはや誰もおらず、 官兵衛や長政(松坂桃李)も朝鮮へと出陣する。 破竹の勢いで半島を進撃した日本の軍勢だったが、次第に戦況は悪化、官兵衛は 首都を死守せよとの秀吉の命を無視し全軍の撤退を提案。 そんな中、淀(二階堂...
公式サイト 秀吉(竹中直人)待望の実子・鶴松を産んだ淀(二階堂ふみ)の権勢は、正
[2014/10/15 15:54] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第41回「男たちの覚悟」 利休に切腹を銘じた秀吉。 その後、世継ぎの鶴松が僅か3歳で病亡し、秀吉は憔悴の極み。 慰める官兵衛に「天罰じゃ。利休に腹を切らせた罰が当たったんじゃ。利休を死なせるべきではなかった。このわしが間違っておった。鶴松は、このわしのせいで死んだんじゃ。わしには、もう何もない…。望みも全て消えてしもうた…。」 これで昨今の振る舞いを反省...
[2014/10/13 14:34] 世事熟視〜コソダチP
官兵衛(岡田准一)の活躍で秀吉(竹中直人)は、ついに天下を統一するが、 大陸への進出という新たな野望をむき出しにし、官兵衛の説得も拒否、 おね(黒木瞳)を困惑させる。 利休(伊武雅刀)が厳しい言葉で諫めたところ秀吉の怒りを買い、三成(田中圭) の策謀もあって切腹を申しつけられる。 官兵衛は利休を救おうと奔走するが、利休は謝罪を拒み死を選ぶ。 そんな中、秀吉最愛の嫡男・鶴松が重...
『軍師官兵衛』第40回「小田原の落日」 一夜城を目にして驚く北条氏政(伊吹吾郎) 一夜城では秀吉(竹中直人)がご満悦。 「思い知ったか北条!これがわしの力じゃ。」 秀吉「して官兵衛いかに攻める?」 官兵衛は「殿下。今こそ和睦の潮時でございます。この城を見て敵の士気は大いに下がっておりましょう。降伏を促すべきかと。」 異を唱える秀吉に官兵衛は「ここは殿下の寛大さを見...
[2014/10/06 09:46] 世事熟視〜コソダチP
秀吉(竹中直人)待望の実子・鶴松を産んだ淀(二階堂ふみ)の権勢は、正室の おね(黒木瞳)をしのぐまでに高まり、三成(田中圭)は淀と結託し、自らの権力を 確固たるものにしようと謀る。 そんな中、天下統一を阻む最後の大敵、小田原の北条攻めが始まるが、官兵衛 (岡田准一)が三成の策に異を唱えたことから二人は激しく対立する。 包囲が長引く中、官兵衛は単身、城に乗り込み戦なき世を実現する...
久しぶりに今日は最初からリアルタイムで見れるぞ〜って感じだったのに(^^;)、ワンコのおトイレの始末とか やっぱり何か最初から見られないような力が働く様です(笑)途中からでは...
う〜〜〜、何週間ぶりですかね〜〜〜(^^;) 少なくともここ2週間はリアルタイムで見てない軍師官兵衛、今回も録画で見ました。そして、まるっと見れなかった回もありましたのでここに...
『軍師官兵衛』第39回「跡を継ぐ者」 官兵衛(岡田准一)は家康(寺尾聰)から、秀吉(竹中直人)が「次の天下人」として自分を警戒していると聞き、その対策として隠居して家督を長政(松坂桃李)に譲ると申し出ます・・・。 一方、秀吉が茶々(二階堂ふみ)に夢中なことを風刺した落書に激怒し、疑わしき者を次々と処刑。 ブラック秀吉の暴走を止めるため、おね(黒木瞳)は官兵衛に説得を依頼・・・。...
[2014/09/29 10:03] 世事熟視〜コソダチP
公式サイト 官兵衛(岡田准一)は家康(寺尾聰)から、秀吉(竹中直人)が「次の天下
[2014/09/28 21:47] 昼寝の時間
官兵衛(岡田准一)は家康(寺尾聰)から、秀吉(竹中直人)が「次の天下人」 として自分を警戒していると聞きがく然とする。 疑念を解くため長政(松坂桃李)に家督を譲ると申し出るが、秀吉は認めてくれない。 そんな中、茶々(二階堂ふみ)が懐妊。 実子がいなかった秀吉は大喜びするが、茶々に夢中なことを風刺した落書に激怒し、 疑わしき者を次々と処刑する。 秀吉の暴走を止めるため、おね(黒...
公式サイト 秀吉(竹中直人)からの宇都宮討伐の命令を長政(松坂桃李)が実行したと
[2014/09/22 16:42] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第38回「追い込まれる軍師」 秀吉(竹中直人)からの宇都宮討伐の命令を長政(松坂桃李)が実行したと知った官兵衛(岡田准一)は苦渋の末、鎮房の嫡男朝房(橋本淳)の処遇を決断。 朝房を呼びつけ「お主にも…死んでもらう。腹を切れ。」 切腹を申しつけるも、反抗する朝房を取り押さえ、官兵衛が頸動脈をバサッ・・・。 長政(松坂桃李)が宇都宮鎮房(村田雄浩)を斬ったと...
[2014/09/22 10:49] 世事熟視〜コソダチP
秀吉(竹中直人)からの宇都宮討伐の命令を長政(松坂桃李)が実行したと知った 官兵衛(岡田准一)は苦渋の末、鎮房の嫡男朝房(橋本淳)の処遇を決断、実行する。 一方、光(中谷美紀)は鎮房の娘・鶴(市川由衣)を救うよう長政に迫る。 何とか黒田家の存続はかなったものの、秀吉は官兵衛に対する警戒心を強めて行く。 そして大坂城を訪れた家康(寺尾聰)とついに初の対面を果たした官兵衛は、 その...
公式サイト 長政(松坂桃李)は一揆を起こした宇都宮鎮房(村田雄浩)のわなにはまっ
[2014/09/16 15:26] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第37回「城井谷の悲劇」 連休なので簡単感想。 一揆を起こした宇都宮鎮房(村田雄浩)のわなにはまった長政(松坂桃李)は多くの家臣を失い討ち死に寸前のところを命からがら帰還・・・。 短慮ぶりが情けない長政。 彼にはマジでイラッとさせられます。 官兵衛(岡田准一)に しばかれたらいいのに・・・。 ちょっとだけしばかれますが、大したことなかったですね。 ...
[2014/09/15 09:53] 世事熟視〜コソダチP
長政(松坂桃李)は一揆を起こした宇都宮鎮房(村田雄浩)のわなにはまった。 多くの家臣を失い討ち死に寸前のところを命からがら帰還、官兵衛(岡田准一)に 叱責される。 各地の一揆を鎮圧した官兵衛は、宇都宮家と和睦、平和共存を図る。 人質としてやってきた鎮房の娘・お鶴(市川由衣)も次第に黒田になじんでゆく。 しかし秀吉(竹中直人)は宇都宮の討伐を厳命、従わねば黒田家を滅ぼすとどう喝、...
公式サイト 秀吉(竹中直人)からキリスト教信仰を捨てよと命じられた右近(生田斗真
[2014/09/08 16:33] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第36回「試練の新天地」 黒田家は新たに豊前に領地を与えられ播磨から九州に移り住むが、秀吉からの本領安堵の約束を破られ、追い出された宇都宮鎮房(村田雄浩)は激しく反発。 官兵衛(岡田准一)は長政(松坂桃李)に宇都宮との戦を禁じるが・・・。 −◆− 大野小弁「宇都宮鎮房一揆にございます!」 「各地の地侍たちもこの一揆に合力(剛力じゃないよ)する動きがございま...
[2014/09/08 10:22] 世事熟視〜コソダチP
秀吉(竹中直人)からキリスト教信仰を捨てよと命じられた右近(生田斗真)は、 身分や領土など全てを投げうち信仰に生きることを決意、官兵衛(岡田准一)に 別れを告げる。 一方、黒田家は新たに豊前に領地を与えられ播磨から九州に移り住むが、秀吉 からの本領安堵の約束を破られ、追い出された宇都宮鎮房(村田雄浩)が激しく 反発、一揆を起こす。 官兵衛は宇都宮との戦を禁じるが、長政(松坂桃...
おおお〜〜・・・すっかり三成さんが秀吉さんの側にくっついちゃって・・・(^^;)変わってしまいましたなぁ、秀吉さんも・・・(^^;)今回はちょっと三成さんを気にして見ております(^^)記...
公式サイト 遂に家康(寺尾聰)が秀吉(竹中直人)に帰順、東の脅威がなくなった秀吉
[2014/09/01 15:51] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第35回「秀吉のたくらみ」 陣羽織を巡る秀吉と家康の「芝居」を見抜けず、「さすがは徳川様…」云々と、思いっ切りリスペクトしちゃってる長政(松坂桃李)。 賢くなさそうなニヤケ顔が印象的。 ガッチャマン! −◆− 官兵衛(岡田准一)が宇都宮鎮房(村田雄浩)に本領安堵の約束。 「殿下より直に承っております。」と保証したんだけどなぁ・・・。 −◆− 忙しい合...
[2014/09/01 11:15] 世事熟視〜コソダチP
晩年の狂気じみた秀吉の人格が現れたのは、息子の鶴松を病で失ったときとも、弟の秀長が病死したときとも、淀殿妊娠を大仏の功徳と嘲笑されたときとも言われているが、今回は関白となって天下人になったとき、ということになっているようだ。 僕自身は秀長を失った時と考えているが。 関白になってから着々と九州攻めを進めてくる秀吉。 天下惣無事のスローガンに合わせるように、九州大名の本領安堵をしてくる...
遂に家康(寺尾聰)が秀吉(竹中直人)に帰順、東の脅威がなくなった秀吉の 九州出陣が決定した。 九州に先乗りしていた官兵衛(岡田准一)は、豊前の領主・宇都宮鎮房(村田雄浩) に本領安堵を約束し、味方につける。 出陣した秀吉は九州でキリシタンが大きな力を持つことを知り警戒を強め、信徒で ある右近(生田斗真)や官兵衛の不安が高まる。 一方、茶々(二階堂ふみ)が秀吉の求愛を受け入れる...
公式サイト 秀吉(竹中直人)は大友宗麟(上條恒彦)の願いを受け九州攻めを宣言、東
[2014/08/25 16:37] 昼寝の時間
先ほども同じ事を書きましたが、今日はどうもテレビ番組が途中からしか見れない日でした(^^;)花火大会から帰ってきて 荷物を片付けたり、でも買い物にも行かなくちゃいけなかったり...
『軍師官兵衛』第34回「九州出陣」 秀吉の出陣の求めを無視して隠居だとして引きこもりを決め込む吉川元春(吉見一豊)。 小早川隆景(鶴見辰吾)が「逆心なきところを見せねばなりませぬ。」と説得。 それでも元春は「気に入らぬのならわしにも切腹を命じればよいのだ。このわしまでもが秀吉に膝を屈しやつの下で働いては…死んでいった者らに申し訳が立たぬ。わしはこの隠居所で好きな物語などを読...
[2014/08/25 10:03] 世事熟視〜コソダチP
秀吉(竹中直人)は大友宗麟(上條恒彦)の願いを受け九州攻めを宣言、 東の脅威を取り除くため、家康(寺尾聰)の封じ込めを図る。 秀吉に先立ち官兵衛(岡田准一)が先ぽうとして西に向かい、毛利勢を加え 九州に乗り込もうとするが、小早川隆景(鶴見辰吾)はなぜか腰が重い。 隆景の兄・吉川元春(吉見一豊)が長年の宿敵、秀吉に臣従することを快く 思わず、出兵を拒んでいたのだ。 そこで官兵衛...
公式サイト 秀吉(竹中直人)は関白となり、更に姓を豊臣に改める。秀吉のお伽衆、道
[2014/08/18 15:58] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第33回「傷だらけの魂」 太兵衛が愚痴っています。 「蜂須賀様は阿波。小早川様は伊予。安国寺恵瓊殿までが所領を与えられ大名になったというのに四国平定を先導した我が黒田には何の恩賞もない。おかしいではありませぬか。」 恵瓊って、坊主のくせに、大名になっちゃったんやね。 で、善助「殿は昨年4万石に加増されたばかり。恩賞など欲しくないとお断りになったのじゃ。」 ...
[2014/08/18 11:10] 世事熟視〜コソダチP
秀吉(竹中直人)は関白となり、更に姓を豊臣に改める。 秀吉のお伽衆、道薫(田中哲司)と亡き妻「だし」との幼い息子を見つけた 官兵衛(岡田准一)は親子を引き合わせるが道薫は逃げる。 茶々(二階堂ふみ)の望みで城を捨て逃げた過去の話をするよう秀吉に 命じられた道薫は居合わせたすべての者を「化け物」と罵り、殺されることを 望むが官兵衛に止められる。 やがて、官兵衛は右近(生田斗真)...
ちょっと残念な事に 最初の5分程度が見れなかったんですが今日は久しぶりに見たぞ、という感じの軍師官兵衛です(^^)荒木道薫さん、今回がラストの回となりましたか。今回、一番重...
天下惣無事という目的を掲げる秀吉。 だけど天下惣無事を道薫に否定される。 秀吉の怒りを買うのも当然だけど『天下は回り持ち』という風潮があったからなあ。 秀吉が関白になり、天下統一も間近、というとき、 道薫として生き残った荒木村重は、信長の追手を逃れた我が子と再会するけど、心を開かない。 もうすっかり世捨て人になってるなあ。 父と母を失った茶々はなぜ妻や子を失っても生き続けてい...
『軍師官兵衛』第32回「さらば、父よ!」 <天正12年3月。徳川家康と織田信雄の連合軍は秀吉と激突。小牧長久手の戦いである。> 小一郎「兄者。官兵衛がいない時にこのような大戦よいのか?」 秀吉「官兵衛には幾度となく書状を出した。その度に『今は動くな。考え直せ」の一点張りじゃ。』」 三成「家康をたたくなら今でございます。官兵衛様に頼らずとも我らはこの大軍。負ける訳があり...
[2014/08/11 11:38] 世事熟視〜コソダチP
2週分、録画が見れずにここまで来てしまいました・・・m(__)m今日も20分くらいから見たのですが 久しぶりのリアルタイムゆえ 感想を書かせてくださいませm(__)mいつの間にか春風亭光秀...
末世とは 別にはあらじ 木の下の 猿関白を 見るにつけても 秀吉が関白になったとき、貼りだされた落首だった。 秀吉が天下人となったことには違和感を感じるのは上も下も同じだったらしい。 さて、その秀吉は家康を相手に小牧・長久手で戦いを挑み敗れ去る。 官兵衛は家康と戦うのは反対していたようだけど、官兵衛と家康は接点がないから、どう動くのかがわからないからこそ、戦いを避けるべきと考...
秀吉(竹中直人)は、官兵衛(岡田准一)の忠告を無視し、小牧・長久手の戦い で家康(寺尾聰)に手痛い敗北を喫する。 側近として頭角を現す三成(田中圭)は家康を敵視するが、官兵衛は逆に取り込む よう進言、激しく対立する。 一方、黒田家は新たに与えられた播磨・山崎に居を移すが、留守を任された長政 (松坂桃李)の厳しさに領民が反発、騒動が勃発する。 祖父・職隆(柴田恭兵)は領主として...
公式サイト 信長のあだ討ちを果たした秀吉(竹中直人)は、織田家の後継者を決める清
[2014/08/04 15:58] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第31回「天下人への道」 <後れを取った柴田勝家は重臣たちを清洲に集め巻き返しを図った。世に名高い清洲会議である。> わ、案外とさらっと清洲会議は済んじゃったなぁ・・・。 で、近藤芳正が演じる柴田勝家って、微妙に可愛いな。 −◆− 信長を偲んでいる秀吉(竹中直人)のもとに官兵衛(岡田准一)がやってきました。 官兵衛「まずは我らの思惑どおりに進みました...
[2014/08/04 10:39] 世事熟視〜コソダチP
それにしても、秀吉のスタッフとして作戦を授けるのが軍師官兵衛といったところだが、今回はそれだけじゃなく、交渉や調略・懐柔も多い官兵衛。 寝技が多いからダーティーに皆思えるようで、『大河史上最も腹黒い男』との評がでたようで。 さて、ニューフェイス千宗易(伊武雅刀)。 ダーティーな感じが強いとか言われたけど、荒木村重と官兵衛の関係について知っているうえで村重との説得を進めるとは、人...
信長のあだ討ちを果たした秀吉(竹中直人)は、織田家の後継者を決める 清洲会議で柴田勝家(近藤芳正)を論破、優位に立つ。 秀吉包囲網を画策する勝家を官兵衛(岡田准一)は各個撃破で孤立させる策に出る。 たまりかねた勝家は賤ヶ岳に出陣、秀吉に決戦を挑む。動乱の中、官兵衛は天下の茶人 ・千宗易(伊武雅刀)と出会い、その導きで道糞と名乗る村重(田中哲司)と再会する。 そして黒田家では長政...
公式サイト 毛利と和睦を果たした官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)は、光秀(春
[2014/07/28 14:46] 昼寝の時間
「中国大返し」における姫路までの行軍の実態はよくわかっていない部分も多いが、経路は山陽道の野殿(岡山市北区)を経由するルートがとられたものと考えられるという中国大返し。 中途半端に鎧を着たりふんどし一丁で走ったりするのはイメージ通り。 その中で必死に自分に味方につくようダイレクトメールを送るのは、さすが人たらしの秀吉といえようか。 一方で長政の最初の正室となる糸の出会いも描かれる。...
毛利と和睦を果たした官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)は、光秀(春風亭小朝) を倒すため、京へと全軍で向かっていた。 味方が集まらず焦りを募らせていた光秀はすさまじい速さで秀吉軍が迫っていることを 知りがく然とする。 官兵衛は右近(生田斗真)ら去就に迷っていた大名を取り込み、さらに秀吉嫌いの 信長の遺児の説得に成功、秀吉軍は大軍勢にふくれあがる。 そして、ついに京に近い山崎...
公式サイト 秀吉(竹中直人)の天下取りのため、官兵衛(岡田准一)は真っ先に京に戻
[2014/07/22 15:18] 昼寝の時間
まずは コメントのお返事が遅れていてすみません!!m(__)mこの3連休はやっぱり家族全員いるので なかなかパソコンの前に長時間座る事が難しくて・・・m(__)mもう少しお待ち下さいね...
『軍師官兵衛』第29回「天下の秘策」 官兵衛(岡田准一)が恵瓊(山路和弘)に「秀吉様が天下に名乗りを上げる好機が訪れたのでございます。織田信長公が亡くなられました。明智光秀の謀反でござる!」 官兵衛が毛利方に”本能寺の変”をバラしちゃうサプライズには恵瓊が驚いて「されど何故それを? 断じて我らに知られてはならぬ事。」 官兵衛「恵瓊殿であればお分かり頂けるはず。それがしの一世...
[2014/07/21 13:58] 世事熟視〜コソダチP
秀吉(竹中直人)の天下取りのため、官兵衛(岡田准一)は真っ先に京に戻り謀反人 ・光秀(春風亭小朝)を討つ策を巡らす。 そのために信長の死を隠したまま、目前の敵・毛利との和睦を進める。 一方の光秀も、新たな天下人として地位固めに躍起になる。 大混乱の中、家康(寺尾聰)やおね(黒木瞳)は命からがら逃亡を続ける。 遂に和睦成立、京に反転を始めようとしたその時、秘密が毛利方に漏れる。 ...
公式サイト 光秀(春風亭小朝)が謀反、京・本能寺に攻め入った。お濃(内田有紀)が
[2014/07/14 15:17] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第28回「本能寺の変」 『軍師官兵衛』で本能寺の変を見て書く感想じゃ無いですけど、ついつい思い出してしまうのが『天地人』(2009)での本能寺の変。 本能寺がドッカーーンって大爆発して今日の町にキノコ雲が上がったんですよね。 挙げ句の果てにこれを恨みに思った女忍者・初音(長澤まさみ)が、明智光秀(鶴見辰吾)のもとに現れ、白布で首を絞める迷シーンまで・・・。 ...
[2014/07/14 11:30] 世事熟視〜コソダチP
今日は事もあろうに最初からきちんと見れなかったのですが、その前の7時半からのSPも含めて(ええ、もちろん警視庁警備部警護課第四係じゃなくてm(__)m)しっかり録画はしましたので...
ついに始まった光秀の本能寺の変。 濃姫が薙刀一つ立ち回って果てたという話は、過去の大河ドラマにも何回か描かれていたけれど、史実では不明。 早世したとも、関ヶ原の後まで生きていたという話もあるが、今回のような展開にしたのはそのほうがドラマチックだからだろう。 『人間五十年 下天のうちを くらぶれば 夢幻の 如くなり』 信長の好んだ『敦盛』であるが、今までは謡のように口ずさむこと...
光秀(春風亭小朝)が謀反、京・本能寺に攻め入った。お濃(内田有紀)が刃に倒れ、 信長(江口洋介)も炎の中に消えていく。 事件を知らずに備中高松城を包囲していた官兵衛(岡田准一)は、付近の農家でやつれ 果てた政職(片岡鶴太郎)と思わぬ再会を果たす。 やがて一大事のしらせが京から備中に届き、いち早く知った官兵衛は秀吉(竹中直人)の 天下を実現するため、知略の限りを尽くした一世一代の...
公式サイト 官兵衛(岡田准一)は、毛利が守る備中高松城を攻めるにあたり,川の流れ
[2014/07/08 15:24] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第27回「高松城水攻め」 土嚢を積み上げ高松城を囲むための堤造りが昼夜を問わず進められております。 雨の中、秀吉(竹中直人)が視察。 秀吉「はかどっておるようじゃな。」 官兵衛(岡田准一)が三成(田中圭)に「毛利の援軍が到着するまであと僅か。間に合いそうか?」 三成「お任せ下さい。少々散財する事にはなりますが。」 秀吉「散財?一体いくらで買い取っ...
[2014/07/07 10:57] 世事熟視〜コソダチP
官兵衛(岡田准一)は、毛利が守る備中高松城を攻めるにあたり,川の流れをせき止め 城を水に沈める前代未聞の奇策「水攻め」を実行、秀吉(竹中直人)を驚かせる。 姫路では、出奔していた又兵衛(塚本高史)が光(中谷美紀)と再会、黒田家に仕える事に。 一方、安土城を訪問した徳川家康(寺尾聰)の饗応役を務めた光秀(春風亭小朝)は、信長 (江口洋介)から叱責され、さらに衝撃の野望を聞かされ、つ...
で、こちらも先週と同じく、見終わってスグ書いた訳じゃなくてハイキュー!!感想を途中にはさんでいるため 自分の中で消えた記憶がある可能性大です(^0^;;)間違って覚えているところが...
ニューフェイス・徳川家康の接待に追われる明智光秀。 とはいっても上手くいかず、信長に文句を言われて不満がたまっていく。 出来の悪かった能役者をわが手で殴打したという信長だけど、今回それが描かれなかったのは残念。 光秀のあだ名『キンカ(禿)頭』が出てこなかったことも。 信長は世界にさらに目を向けて、さらに天皇を排除して自分が王になろうとしているようだけど、その陰で秀吉に使えるように言わ...
で、ハイキュー!!感想の直後なので これまた大河の記憶があやふやになりそうな状況です(^0^;)思い違いがあったらごめんなさい!!m(__)m長政初陣、ですね(^^)つい、頭の中でシンケンジャ...
『軍師官兵衛』第26回「長政初陣」 今回の『軍師官兵衛』で印象に残った登場人物は3人。 1)14-15歳の黒田長政(松坂桃李)。 2)忠義にあつい清水宗治(宇梶剛士) 。 3)いよいよの明智光秀(春風亭小朝)。 −◆− 毛利攻めで初陣を迎えることとなった嫡男の長政(松坂桃李)が血気にはやることを危ぶんだ官兵衛(岡田准一)は太兵衛(速水もこみち)に目付役を命じました。 ヒ...
[2014/06/30 11:27] 世事熟視〜コソダチP
若者らしく長政は血気盛んなようで。 ともあれ、守役の母里太兵衛も血の気が多いから、かえってまずいのでは・・・? 命を懸けて戦に勝とうとする長政と、味方の命を大事にしながら戦争に勝とうとする官兵衛。 どちらかというと勇で歴史に名をはせている長政だから、そっちのほうがいかにも史実らしい。 一方、命を大事にしようとする官兵衛は、清水宗治を懐柔しようとするなど根回しを懸命に行っていた。 ...
毛利攻めで初陣を迎えることとなった嫡男の長政(松坂桃李)が血気にはやることを 危ぶんだ官兵衛(岡田准一)は太兵衛(速水もこみち)に目付役を命じる。 そして毛利の守りの要、備中高松城の清水宗治(宇梶剛士)の調略を図るが失敗、 城攻めの奇想天外な策を思いつく。 一方、光秀(春風亭小朝)は、強引な信長(江口洋介)の手法への不満を募らせる。 そんな中、姫路では、光(中谷美紀)の14年ぶ...
公式サイト 毛利との決戦を前に秀吉(竹中直人)の命で、官兵衛(岡田准一)は織田家
[2014/06/23 15:11] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第25回「栄華の極み」 今回の『軍師官兵衛』で印象に残ったのは次の3点。 1)明智光秀(春風亭小朝)の内面。 2)信長(江口洋介)の栄華。 3)元服した黒田長政(松坂桃李)登場。 なかでも内面を表情に出さない明智光秀が信長について語ったシーンは印象的でした。 −◆− 近江坂本城の明智光秀のもとを公家の吉田兼和(堀内正美)が訪れ、朝廷の意向を伝えます。 「...
[2014/06/23 11:21] 世事熟視〜コソダチP
なかなか長めの感想が書けずにいる大河でございますm(__)m今日もどこまで書けるか分かりませんが 村重さんご夫婦については今週どこかで書き足したいです〜〜(^0^;;)さて 今日は 史...
本願寺を滅ぼし、荒木一族の反乱を鎮め、ついに織田信長の天下は確実になった・・・かと思いきや、その裏では不安と不満がたまっていたようで。 天皇や公家は、信長が朝廷の官職をないがしろにしていることで、朝廷や公家は信長の天下の中で居場所があるのかと不安に思う。 かなりダーティーに描かれている点は、老獪な政治的駆け引きを得意とする公家らしいが、実際の朝廷や公家も同じだったのではなかろうか。 近...
毛利との決戦を前に秀吉(竹中直人)の命で、官兵衛(岡田准一)は織田家の出世頭と なった光秀(春風亭小朝)と会う。 光秀からは軍師になれと誘われるが断る。 朝廷は光秀に接近を図り、力を増す信長(江口洋介)を抑えようとするが、その権勢は絶頂を 極めつつあり、毛利方の小早川隆景(鶴見辰吾)は、織田との戦いに決死の覚悟を固める。 そしてついに官兵衛の嫡男・松寿丸は元服、長政(松坂桃李)...
公式サイト 播磨の反織田勢力は勢いを失い、残るは御着城の小寺政職(片岡鶴太郎)と
[2014/06/17 15:19] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第24話「帰ってきた軍師」 三木城が落ちておののく小寺政職(片岡鶴太郎) 江田善兵衛が「ご城主 長治殿をはじめ別所一族は全てご自害。引き換えに家臣たちの命は救われたそうにございます。殿も…ご覚悟を!」 覚悟を決められない小心者の小寺政職は「わしに腹を切れと言うのか!?代々目をかけてやった恩を忘れたか!ああ?わしは腹など切らんぞ!」 不細工だけど、人間だか...
[2014/06/16 11:27] 世事熟視〜コソダチP
と言いますか、今公式サイトも見たんですが せっっっっっかく半兵衛さん特集もありましたしあとは村重さん、だしさんについても2週間前から少し書きたいと思っていたのでまた後で...
足が不自由になりながらも、小寺家家老として、そして秀吉の軍師として復帰した官兵衛 かつての主君であった日和見の小寺政職も敵に回したことになったのですが・・・。 その職隆、家臣の裏切りに次々とあい、ついに官兵衛に捕えられることに。 この牢獄生活で、人間の醜い面と優しい面を両方味わった官兵衛だからねえ。 別所長治を切腹に追いやったあたり、よりやり方が厳しくなったように思える。 そし...
播磨の反織田勢力は勢いを失い、残るは御着城の小寺政職(片岡鶴太郎)と 三木城の別所氏のみとなった。 官兵衛(岡田准一)は見事に三木城を開城させるが、その人が変わったような 冷徹さに秀吉(竹中直人)ら周囲は驚く。 一方、政職は城を放棄し逃げ出すが、善助(濱田岳)ら黒田家家臣に捕えられる。 かつて己を裏切り幽閉へと追い込んだ張本人・政職に怒りをあらわにする黒田家の 家臣達。そこに...
公式サイト 官兵衛(岡田准一)は救出され、療養先の有馬温泉で光(中谷美紀)との再
[2014/06/09 17:10] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第23話「半兵衛の遺言」 <天正7年11月有岡城はついに落城。官兵衛は家臣たちの手で救出された。> 姫路で職隆(柴田恭兵)さんが「光!光!官兵衛が…救い出された。」 みるみるうちに目に涙があふれて嬉し泣きの光(中谷美紀)。 相変わらず柴田恭兵と中谷美紀の演技は充実してるなぁ・・・。 もっと出番を増やして欲しいほどです。 −◆− 見舞いに来た秀吉(竹...
[2014/06/09 11:29] 世事熟視〜コソダチP
まずは、ブログでもプロフでもコメントのお返事がまた遅れております! ごめんなさい!!m(__)mもう少しだけお待ち下さいね!!m(__)m今日はかなり途中から見ることとなってしまいまし...
官兵衛(岡田准一)は救出され、療養先の有馬温泉で光(中谷美紀)との再会を果たす。 秀吉(竹中直人)は官兵衛を信長(江口洋介)のもとに連れていき、謀反の疑いを晴らすことに 成功する。 一方、村重(田中哲司)から見捨てられた、だし(桐谷美玲)ら荒木一族には信長から過酷な 処分が下る。 幽閉の後遺症で心身の傷が癒えず自暴自棄になる官兵衛だったが、思いがけぬ形で亡き 半兵衛(谷原章介...
昨日のうちに感想が書けませんでしたが、本日、ジャンプ感想に先立って 大河感想をまず書かせていただきますm(__)m先週から書いておりますが第22回は有岡も最後の日でございましたが...
公式サイト 劣悪な環境の有岡城の土ろうに1年間幽閉され、官兵衛(岡田准一)は、身
[2014/06/02 15:42] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第22話「有岡、最後の日」 史実が分かっていて、荒木村重(田中哲司)や官兵衛(岡田准一)の運命はある意味ネタバレ状態なんだけど、見ていて面白いのが『軍師官兵衛』 −◆− 善助(濱田岳)が有岡に潜入し、ふんどし姿で土地牢のすぐ外まで泳ぎ着きました。 西島秀俊みたくムキムキではない濱田岳くんではサービスカットにはならないね。 とりあえず「殿。栗山善助でございます。...
[2014/06/02 12:20] 世事熟視〜コソダチP
劣悪な環境の有岡城の土ろうに1年間幽閉され、官兵衛(岡田准一)は、身も心もぼろぼろに なりながら何とか命をつないでいた。 一方、死期を悟った半兵衛(谷原章介)は秀吉(竹中直人)と最後の面会を果たすため療養先を 引き払う。 そんな中、村重(田中哲司)は自ら毛利に援軍を請うため、だし(桐谷美玲)たちを見捨て城を 脱け出る。 主を失い落城が迫る中、善助(濱田岳)ら黒田家臣団は官兵衛...
公式サイト 官兵衛(岡田准一)は村重(田中哲司)の怒りを買い、劣悪な土ろうに閉じ
[2014/05/26 22:45] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第21話「松寿丸の命」 柴田恭兵と中谷美紀の熱演が半端なかったですねぇ!! 二人の演技を見てるだけでも値打ちがありました。 −◆− 有岡攻めが上手く運ばず、思いっきり苛ついてる信長(江口洋介)。 光秀「よもや村重がここまで戦上手とは…。」 信長「村重ではない。官兵衛だ。官兵衛が裏切った。人質に取った息子松寿丸の首をはねよ。」とディズニーの怖い魔女みたいな...
[2014/05/26 11:12] 世事熟視〜コソダチP
※まず最初に、今何故かプロフの方に行けません。 何故か「ログインしてください」という表示が出るんですがログインできない状態ですm(__)m ごめんなさい、お返事等しばらくお待ち...
官兵衛(岡田准一)は村重(田中哲司)の怒りを買い、劣悪な土ろうに閉じ込められてしまう。 善助(濱田岳)ら家臣団が有岡城下に潜入、救出の機会をうかがう中、信長(江口洋介)が 有岡城を総攻撃するも大敗。 官兵衛が村重に策を授けたと思い込んだ信長は、官兵衛の嫡男、松寿丸(若山耀人)を 殺すよう秀吉(竹中直人)に命じる。 ためらう秀吉に代わり半兵衛(谷原章介)が実行を引き受け、松寿丸を...
『軍師官兵衛』第20話「囚われの軍師」 村重(田中哲司)から官兵衛(岡田准一)の件で御着に連絡が入りました。 小河良利(磯部勉)「殿、荒木殿は何と?」 小寺政職(片岡鶴太郎)「官兵衛を、殺したと…。」 小河は「約定どおりでございます。邪魔者は消えました。」と感慨が顔に出ます。 江田善兵衛(上杉祥三)「あとは毛利の援軍を待つまで。城の守りを固めましょう。」 政職...
[2014/05/20 09:51] 世事熟視〜コソダチP
公式サイト 官兵衛(岡田准一)は村重(田中哲司)によって有岡城に幽閉され、共に信
[2014/05/19 16:50] 昼寝の時間
官兵衛(岡田准一)は村重(田中哲司)によって有岡城に幽閉され、共に信長(江口洋介) を倒そうとの誘いを拒絶し続ける。 消息が途絶え、官兵衛はすでに死んだとの情報が飛び交う中、光(中谷美紀)や職隆 (柴田恭兵)は懸命に家中の動揺を抑える。 一方信長は、敬けんなキリシタンである村重側の右近(生田斗真)に対し、村重を裏切らねば、 信徒を皆殺しにすると脅す。 そして官兵衛はだし(桐谷...
『軍師官兵衛』第19話「非情の罠」 謀反をおこした荒木村重(田中哲司)に倣い織田に付くことにした小寺政職(片岡鶴太郎)・・・。 赤鼻の小寺政職、意志が弱い! これを受けて黒田家でお話し合い。 九郎右衛門が静かな迫力を込めて「御着を攻め落とすほかありますまい。」 太兵衛「やりましょう一刻も早く。」 主戦論をなだめる善助(濱田岳)。 しかし休夢は「小寺を討つべし!一...
[2014/05/13 14:50] 世事熟視〜コソダチP
公式サイト 村重(田中哲司)が信長(江口洋介)に謀反を起こし、右近(生田斗真)ら
[2014/05/12 16:32] 昼寝の時間
遅くなりました、が ですね、今、「探偵はBARにいる2」があってるんですよね!!(^0^)録画もしてるんですけど、ついちょっと見ちゃいました(^0^)ゞ久し振りだわ、松田龍平さん(^^)ラブ...
村重(田中哲司)が信長(江口洋介)に謀反を起こし、右近(生田斗真)ら摂津諸将も 反織田包囲網に加わった。 秀吉(竹中直人)の説得も物別れに終わる中、官兵衛(岡田准一)のもとに主君・政職 (片岡鶴太郎)まで毛利方に寝返ったという知らせが入る。 政職を翻意させるには大本の村重を説得しなければならない。 周囲の反対を振りきり決死の覚悟で単身、村重の籠もる有岡城へ向かう官兵衛。 それ...
公式サイト 官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)は、敵対する三木城を厳重に囲い込
[2014/05/07 15:50] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第18話「裏切る理由」 <播磨に布陣していた荒木村重は急きょ信長に呼び出されていた。> 信長「神吉攻めでは降伏は許さず敵は全て殺せと命じたはず。何故わしの命に背き神吉藤太夫を逃がした?」 村重「あの時味方は既に3千の兵を失っておりました。その上 滝川殿が傷を負うなどこれ以上力攻めをしては無駄に兵を失うだけと判断した次第にございます。それがしその判断に間違いがあ...
[2014/05/06 10:55] 世事熟視〜コソダチP
官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)は、敵対する三木城を厳重に囲い込み、 兵糧を断つ策に出る。 さらに宇喜多直家(陣内孝則)の調略に赴いた官兵衛は「背後に用心しろ」という謎めいた 忠告を受ける。 一方、信長(江口洋介)の不興を買った村重(田中哲司)は、必死の申し開きで、事なきを 得たかにみえたが、家臣が敵に通じていたことが発覚。 右近(生田斗真)やだし(桐谷美玲)の懸念もむな...
官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)は毛利の大軍に包囲された上月城を救おうとするが、 信長(江口洋介)の厳命で見捨てる羽目となってしまう。 官兵衛は断腸の思いで城に潜入、鹿介(別所哲也)に別れを告げる。 織田の非情さに村重(田中哲司)や政職(片岡鶴太郎)は動揺する。 一方、宇喜多直家(陣内孝則)の動きを警戒した毛利方の小早川隆景(鶴見辰吾)は撤退を決断、 左京進(金子ノブアキ)...
公式サイト 官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)は毛利の大軍に包囲された上月城を
[2014/04/28 22:33] 昼寝の時間
天下布武のために、上月城を見捨てると言い出す信長。 秀吉も黙ってそれを飲み込むほかなかった。 使い物にならないものはどんどん切り捨てていく。 信長のやり方だったんだろうが、それに耐えきれなくなる人間は出ないほうがおかしいわけで。 実際、荒木村重はすでに耐えられなくなってきているようで、 演じる田中哲司も指摘しているけど、明るかった村重の笑顔がどんどん消えているように見える。 ...
『軍師官兵衛』第17話「見捨てられた城」 信長(江口洋介)は、毛利の大軍に包囲された上月城を見捨てよと秀吉(竹中直人)に厳命。 で、官兵衛(岡田准一)らが城に潜入。 鹿介(別所哲也)が「援軍は」 官兵衛「援軍は参りませぬ。」 小生が山中鹿介だったら「援軍送るって言うてたやんけ!!」と官兵衛にキレるけどなぁ・・・。 亀井新十郎が「無駄な戦は避け降伏せよとの筑前守...
[2014/04/28 13:03] 世事熟視〜コソダチP
今日はちゃんと最初から最後まで見ましたぞ〜〜!!!(^0^)山中鹿介さん、本日までの出番だったのですね・・・。尼子vs毛利については別の機会にちょっと知りたいような気もいたしま...
公式サイト 調略で播磨分断に成功した毛利は5万の大軍で、打倒秀吉(竹中直人)の兵
[2014/04/21 13:47] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第16話「上月城の守り」 官兵衛(岡田准一)が地図を指して「三木に加え、神吉、野口、淡河、高砂、端谷そして志方が寝返りました。」 兵庫県民としては、今も残っているローカルな地名にくすぐられちゃうわぁ。 現に、三木市立三木小学校、加古川市立西神吉小学校、東神吉小学校、加古川市立野口小学校、神戸市立淡河小学校、高砂市立高砂小学校として学校名に残ってるから馴染み深い...
[2014/04/21 11:47] 世事熟視〜コソダチP
見ていない部分はこちらのニュースにありました。 竹中半兵衛さんのニュースでございます♪♪ →こちらです半兵衛さんは戦国武将の中でもファンが多いとのこと。 分かります(^^)...
ついに櫛橋左京進が裏切り、播磨はカオスな状態に。 何とか秀吉もこの状況を打開したいと考え、官兵衛の父・黒田職隆に頼み込む。 そういえば『人たらし』という言葉を職隆は使っていたけど、この時代に『たらし』という言葉はないんじゃあ・・・。 (『たらし』という言葉は『しだらなし(江戸時代に『だらしなし』となる)』という言葉から来たと聞いたことがある。) 一方、援軍が集まり、毛利軍は上月城...
調略で播磨分断に成功した毛利は5万の大軍で、打倒秀吉(竹中直人)の兵を起こす。 官兵衛(岡田准一)は、毛利から奪った上月城を守備する山中鹿介(別所哲也)を 救おうと謀略の限りを尽くすが、城は孤立する。 信長(江口洋介)は播磨に援軍を派遣するが、秀吉を嫌う武将たちの動きは鈍い。 そんな中、敵に回った兄・櫛橋左京進(金子ノブアキ)を説得するため光(中谷美紀) が無謀にも単身、志方城...
公式サイト 秀吉(竹中直人)は播磨平定に成功するが、光(中谷美紀)の兄・櫛橋左京
[2014/04/14 15:20] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第15回「播磨分断」 無難な出来映えなので、かえって感想を書きにくいのですが、今回は櫛橋左京進(金子ノブアキ)のネガティブさが印象に印象に残ったので、久々に感想おば・・・・。 −◆− なんかプンプン顔の櫛橋左京進(金子ノブアキ)がやってきて力(酒井若菜)の娘を引き取ると言いだし、その上「力が出家したのはお主のせいだ。」云々と官兵衛(岡田准一)に文句を述べ立てちゃう。 ...
[2014/04/14 14:51] 世事熟視〜コソダチP
櫛橋左京進は官兵衛が織田につき、力の家を滅ぼした時から彼を恨んでいたようで。 ある意味当然だよな。 ともあれ、家族が分裂するのは辛い思いがあったよな。 安国寺恵瓊が『3年ぐらいで織田はつぶれる』と言っていたけど、史実でも、「たかころびに、仰のけに転ばれ候すると見え申し候」と織田側からの謀反を予言していた。 やはり内側のぐらつきが見えていたんだろう。 荒木村重の本願寺交渉失敗から...
秀吉(竹中直人)は播磨平定に成功するが、光(中谷美紀)の兄・櫛橋左京進(金子ノブアキ) は、官兵衛(岡田准一)が播磨に戦乱を持ち込んだと怒りをあらわにする。 秀吉は毛利との決戦のため播磨諸将を集め評定を開くが、裏ではひそかに毛利による播磨分断の 陰謀が張り巡らされていた。 一方、石山本願寺の顕如(眞島秀和)との和ぼく交渉に失敗した荒木村重(田中哲司)は信長 (江口洋介)から降格...
今日は半分くらいしか見れなかったんですよ〜〜(^^;)ハイキュー!!の後、ちょっとクリーニング屋さんに行ったりして色々と遅れました(^^;)半分だけの感想になりますが 書かせてくだ...
公式サイト 秀吉(竹中直人)の播磨平定は順調に進み、残るは光(中谷美紀)の姉・力
[2014/04/07 14:59] 昼寝の時間
天下人となった織田信長の播磨攻めは順調であったらしい。 もともと方面軍制度をまっさきに取り入れた織田軍だけあったからねえ。 全国津々浦々を攻撃するのは効率的だったと言える。 その中で光の姉・力の夫である上月景貞は敵方に回っていた。 説得も通じず的見方に分かれる姉妹。 女はこの時代、戦略の道具にさせられていたけど、都合が悪くなったらすぐこれか。 一方、尼子家再興を担う山中鹿介に...
秀吉(竹中直人)の播磨平定は順調に進み、残るは光(中谷美紀)の姉・力(酒井若菜) の嫁ぎ先、上月城のみ。 官兵衛(岡田准一)が投降を説得するも空しく拒絶され、姉妹は敵味方に引き裂かれてしまう。 主家・尼子家の再興を悲願とする猛将・山中鹿介(別所哲也)が味方に加わり、官兵衛とは 意気投合する。 籠城を強いられた上月城では宇喜多直家(陣内孝則)の援軍を頼みとするが、織田に 勝てぬ...
今日はもうひとつっ!! こちらも先週見れなかったんですが そして今日は最初の10分くらいは見れなかったんですが見ましたぞっっ!! 軍師官兵衛っっっっ!!!!ちょっと時間も...
公式サイト 官兵衛(岡田准一)は、待ちに待った秀吉(竹中直人)の軍勢に姫路城を丸
[2014/04/01 16:26] 昼寝の時間
秀吉がやってきて、姫路城をすべて明け渡す官兵衛。 秀吉はそんな官兵衛に義兄弟の契りをかわす。 さすがは人たらしと呼ばれている秀吉か。 惚れ込んだ相手には一途になって、感謝されれば舞い上がる。 ある意味自分に似ているかも。 そんなおり、仮病を装って小寺政職は未だに来ない。 ある意味スタンドプレーばかりだからなあ。 小寺家でも反感は多かったようで。 竹中半兵衛は秀吉の誓紙...
官兵衛(岡田准一)は、待ちに待った秀吉(竹中直人)の軍勢に姫路城を丸ごと明け渡し、 秀吉から義兄弟の誓紙をもらう。 光(中谷美紀)や職隆(柴田恭兵)は、ますます秀吉のためにと張り切る官兵衛に一抹の 危惧を抱く。 続いて官兵衛は、織田帰順の証しとして、主君・政職(片岡鶴太郎)を秀吉に拝謁させようと 躍起になる。 だが、政職は一向に腰を上げない。 焦るばかりの官兵衛に対し、半兵...
公式サイト 官兵衛(岡田准一)は、秀吉(竹中直人)の播磨出兵が決まって安どする。
[2014/03/24 14:55] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第12回「人質松寿丸」 無難な出来映えなので、かえって感想を書きにくいのですが、今回はミッキー・カーチスが妙に印象に残ったので、気になるキャラクターについて拾い上げることに・・・。 −◆− 順不同で、まずはミッキー・カーチス。 足利義昭(吹越満)にそそのかされた松永久秀(ミッキー・カーチス)が、突如信長に反旗を翻し居城の信貴山城に立て籠もった・・・。 ミッ...
[2014/03/24 10:56] 世事熟視〜コソダチP
松永久秀が突如反乱を起こし、疑心暗鬼に陥る信長。 人質を早く出すようにとの催促は、官兵衛のところにも来る。 もともと松永久秀は、将軍足利義輝を暗殺するなど悪逆無道な行為が多い上に、背腹がさだまらない人物。 最後はお茶の秘宝を持って爆死するのだが、周りからすれば大迷惑極まりない。 おまけに松永久秀の子は処刑されてしまったし。 小寺職隆の優柔不断さが災いして、なかなか人質が出せ...
官兵衛(岡田准一)は、秀吉(竹中直人)の播磨出兵が決まって安どする。 信長(江口洋介)は出兵の条件として、政職(片岡鶴太郎)ら播磨諸将に人質を差し出すよう 命じる。政職は嫡男を手放すのを渋り、延期を繰り返す。 期限が過ぎ、苦境に立たされた官兵衛は、ついに自らの一粒種・松寿丸(若山耀人)を差し出す 決意をする。 光(中谷美紀)は猛反対。 そして、松寿丸は今までにない父母の言い合...
今日はちょっと見れましたぞ〜〜〜〜!!!!!(^0^)ってですね、実はまだ連れ合いの連絡待ちなんです(^0^;;)待ってる間で 見れない時間もありましたが とにかく今日はリアルタイムで...
公式サイト 秀吉(竹中直人)の播磨出兵の知らせに、喜ぶ官兵衛(岡田准一)。だが、
[2014/03/17 13:40] 昼寝の時間
小早川家はもともと強力な水軍を持っていた。 彼らに織田軍が敗れたのも当然といえようか。 織田がこのまま引くと思いきや、秀吉が播磨に援軍を出すこと・・・にはならなかった。 東の反織田軍に対抗するため、兵を引くように言われる秀吉。 官兵衛は竹中半兵衛にその意向を伝えられる。 そこで、当時裏切り者中の裏切り者と言われていた宇喜多直家を味方につけるよう進言される。 至難の業と思うが、よく...
秀吉(竹中直人)の播磨出兵の知らせに、喜ぶ官兵衛(岡田准一)。 だが、信長(江口洋介)は勢いを増す反信長同盟に対抗するため、播磨出兵の延期を命じる。 官兵衛は、このままでは織田についた播磨の大名が離反してしまうと東奔西走。 備前の梟雄・宇喜多直家(陣内孝則)やキリシタン大名・高山右近(生田斗真)らと出会う。 そんな中、北国攻めに駆りだされていた秀吉が信長に無断で帰国。 切腹の危...
公式サイト 西国の雄・毛利がついに動いた。信長(江口洋介)に追放された元将軍・義
[2014/03/10 14:36] 昼寝の時間
足利義昭、石山本願寺と手を結び、幕府再興の名目で襲撃した毛利軍。 将軍と、一向宗という権威が重なれば、待ちの姿勢であっても鬼に金棒か。 毛利に攻められて文句を垂れる小寺政職。 言いようがまさに株式評論家ですなあ。 毛利に一向宗が加わり多勢に無勢という状況で、母里太兵衛は1000人敵を滅ぼし、残る皆は4人ずつ倒せばいいと豪語する。 剛毅なもんだ。 一方で栗山善助は間者として毛利...
信長(江口洋介)に対抗するため石山本願寺と同盟を組んだ毛利勢が、官兵衛(岡田准一) を倒すため五千の大軍で姫路の南西、英賀(あが)の浦に襲来する。 わずかな手勢で出陣した官兵衛は、農民や老人、女子供の力も借り、必死の奇策で迎え撃つ。 だが、毛利の智将・小早川隆景(鶴見辰吾)にとって、この戦はほんの小手調べに過ぎなかった。 播磨全土が戦場と化す中、光(中谷美紀)ら女たちもいやおうな...
公式サイト 秀吉(竹中直人)と意気投合した官兵衛(岡田准一)は、ついに竹中半兵衛
[2014/03/03 14:46] 昼寝の時間
で、本日 こちらも久し振りに見ることになりました、軍師官兵衛。ちょっと見ないうちに 貫禄がつきましたね〜!!それから 信長さんのいでたちが ああ 信長さんね〜って感じに...
『軍師官兵衛』第9回 「官兵衛試される」 無難に出来ていて、案外感想を書きにくい『軍師官兵衛』なんですが、今回は気が小さい主君・小寺政職(片岡鶴太郎)の器の小さい言動が変に面白かったです。 バカバカしくて下手するとドン引きしちゃうかもしれないんだけど、片岡鶴太郎に愛嬌が有るから許せちゃいました。 −◆− さて本編・・・。 竹中半兵衛(谷原章介)に挑発され、主君・政職(片...
[2014/03/03 12:11] 世事熟視〜コソダチP
秀吉(竹中直人)と意気投合した官兵衛(岡田准一)は、ついに竹中半兵衛(谷原章介)と出会う。 希代の軍師との出会いに心躍らせたのもつかの間、半兵衛に挑発され、主君・政職(片岡鶴太郎) たち播磨名門三家を信長(江口洋介)に拝謁させると約束してしまう。 半兵衛は、官兵衛の力量を試したのだ。早速、三家の説得に乗り出す官兵衛。 話をまとめ、拝謁の日取りも決まったところで、肝心の政職が「行か...
竹中半兵衛に謁見する官兵衛。 あこがれの軍師に会えたと見えて、感慨はいかばかりであったか。 最も飄々としている半兵衛は、小寺を屈服させて謁見させよと言ってくる。 ある意味使えるか使えないか、死活問題といえる。 小寺は赤松や別所が一緒に謁見してくれるなら、謁見すると言ってくる。 ある意味二重の『試される』かも。 家老の責務は重い。 別所長治といえば、のちの中国大返しの時に...
公式サイト 官兵衛(岡田准一)は小寺家の使者として岐阜城を訪れ、信長(江口洋介)
[2014/02/24 16:45] 昼寝の時間
ついに信長にあいまみえた官兵衛。 毛利攻めを細かく分析して攻めると言い切る彼。 随分な自信である。 そうした彼に、信長は名刀を突きつけ、彼に任せると言い切った。 一方で秀吉も、官兵衛の毛利攻めをするよう任せられる。 『坂の上のサインボード』坂の上のヒゲオヤジさんが指摘しているように、近年の秀吉はダーティに描かれることが多く(調略や懐柔などの寝技が多いためか)、この軍師勘兵衛で...
官兵衛(岡田准一)は岐阜城を訪れ、信長(江口洋介)に謁見。 明智光秀(春風亭小朝)ら織田家重臣たちが居並ぶ緊張と信長の鋭い視線にさらされる中、 必死の思いで播磨攻略法を説く。 官兵衛を気にいった信長は名刀を授け、播磨攻めの総大将に秀吉(竹中直人)を任命する。 秀吉は、官兵衛を自身の居城・長浜城に連れて行き、妻・おね(黒木瞳)や石田三成(田中圭) らと引き合わせ、夜が更けるまで語...
公式サイト 官兵衛(岡田准一)のもとを、毛利家使僧・安国寺恵瓊(山路和弘)が突如
[2014/02/17 15:56] 昼寝の時間
『軍師官兵衛』第7回「決断のとき」 毛利方に付くか、織田信長につくか、小寺家の運命に関わる判断が迫られています。 毛利に付くべきだと考えている櫛橋左京進(金子ノブアキ)が小寺政職(片岡鶴太郎)に根回し。 「今のうちに毛利とよしみを通じるのが賢明かと・・・義を重んじる毛利につけば本領は安どにございます。」「皆が不安に思うといけません。早急に家中のものを集め毛利に付くと申し渡し...
[2014/02/17 13:15] 世事熟視〜コソダチP
信長が力を伸ばし、ついに信長包囲網は撃破されるに至る。 これにいたって藤吉郎はついに旧浅井領であった筑前を貰い受け、名を羽柴筑前守秀吉と改める。 いずれにしても明るく機転が効いている性格であったのは確かだろう (晩年は疑問だが) そうは言っても相変わらず信長に反感を持つ人は多かった。 力もまたその1人で。 比叡山を焼き討ちにした無神論者の乱暴者。 そういう評判だったようで。...
官兵衛(岡田准一)のもとを、毛利家使僧・安国寺恵瓊(山路和弘)が突如訪れる。 それは東から迫る新興の織田信長(江口洋介)と西国の雄・毛利家が播磨で激突するという 大嵐の前触れだった。 義兄・櫛橋左京進(金子ノブアキ)が毛利方として暗躍するが、官兵衛は答えを悩み続ける。 天正3(1575)年、小寺政職(片岡鶴太郎)は大評定を招集。 織田か、毛利か、生き残りを賭けた激論の中、官...
『軍師官兵衛』第6回「信長の賭け」 今回は。信長(江口洋介)は、足利義昭(吹越満)との駆け引きや延暦寺焼き討ちなど色々とあるわけですが、前回のように官兵衛(岡田准一)が戦に参戦するような目立つエピソードはなく、地味に進行・・・・。 で、長男・松寿丸も数えで5歳になったある日、『あしたのジョー』の丹下段平を少しスマートにしたような黒田休夢(隆大介)が訪ねてきて、「体の具合はどうじゃ...
[2014/02/10 11:15] 世事熟視〜コソダチP
公式サイト 赤松との合戦で多くの犠牲を出した黒田家に新たな家臣が集まる。荒くれ者
[2014/02/09 22:27] 昼寝の時間
赤松との合戦で多くの犠牲を出した黒田家に新たな家臣が集まる。 荒くれ者の母里太兵衛(速水もこみち)がしばしば問題を起こす中、官兵衛(岡田准一)は、 栗山善助(濱田岳)に家中をまとめるよう命じる。 一方、信長(江口洋介)は将軍・足利義昭(吹越満)を追放。 室町幕府を滅ぼし、権力を天下に示す。官兵衛は、信長に帰順し摂津の国主に任じられた 荒木村重(田中哲司)と再会。村重の妻・だし(...
簡単になりますが、いやでも 今日は簡単な、というか 書く事がもう殆ど無いです・・・勉さ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!!!!!!!!!!゚゚・o(iДi)o・゚゚覚悟はして見...
『軍師官兵衛』第5回「死闘の果て」 『軍師官兵衛』第5回「死闘の果て」は、大河を見ていて久々に面白かったです。 赤松相手の 押しつおされつの戦はアドレナリン全開。 城に残った光(中谷美紀)は「うろたえるでない! 今は私がこの城の主じゃ!」 凜としていて中谷美紀カッケーー!! この場面に限らず、中谷美紀の演技がサッパリしていて素敵です。 −◆− 母里小兵衛(塩見三...
[2014/02/03 12:49] 世事熟視〜コソダチP
公式サイト 家督を継いだ官兵衛(岡田准一)と、光(中谷美紀)との間に、嫡男・松寿
[2014/02/02 22:45] 昼寝の時間
黒田官兵衛と光の間には、すでに嫡男・松寿丸(のちの黒田長政)が生まれていた。 後に関ヶ原で天下を狙おうとする官兵衛に対し真っ向から立ち向かう。 そのプロセスがどう描かれるのか、楽しみである。 戦乱の平和のわずかなひと時ですな。 さて、足利義昭は織田信長とともに京都に上洛。 戦乱で荒れ果てた治安がよくなったかどうかはわからないが、京のインパクトを与えたのは確かだろう。 足利...
家督を継いだ官兵衛(岡田准一)と、光(中谷美紀)との間に、嫡男・松寿丸(のちの 黒田長政)が生まれた。 武兵衛(永井大)も侍女・お国(中川翔子)と恋仲になり、黒田家には穏やかな時が流れていた。 信長(江口洋介)は足利義昭(吹越満)とともに上洛を果たし、藤吉郎(竹中直人)は 天才軍師・竹中半兵衛(谷原章介)を陣営に引き入れる。 そんな中、黒田の宿敵・赤松政秀(団時朗)が大軍を率い...
女優の藤村志保(75)が背骨を圧迫骨折し、 現在放送中の大河ドラマ「軍師官兵衛」のナレーターを交代することが29日、分かった。  「軍師官兵衛」のナレーターは2月9日の放送予定の第6回まで収録済み。 16日放送予定の第7回からはNHK元アナウンサーで、 現在はフリーの広瀬修子アナ(69)が務める。  骨折したのは1月3日で、降板にあたり藤村は「関係者の皆様には 多...
公式サイト 室町幕府再興を狙う足利義秋(吹越満)は、各地の大名に助力を求める書状
[2014/01/26 22:44] 昼寝の時間
室町幕府は応仁の乱以降、完璧に権威が失墜していたのだが・・・。 それにまつわる管領などの大名たちも没落していくのがほとんどだった。 管領家の直系・細川晴元は三好長慶に敗れて凋落し、守護大名であった今川義元も織田信長に討たれている。 周りの者も意にならない足利家の人間が苛立っているのも当然か。 ともあれ、足利義秋、出家しているなら頭が禿げあがっているはずでは・・・? はげと言えば今回...
室町幕府再興を狙う足利義秋(吹越満)は、各地の大名に助力を求める書状を送っていた。 政職(片岡鶴太郎)は、その書状が職隆(柴田恭兵)に届いたのを知り、力を増す職隆を けん制するために官兵衛(岡田准一)を重用する策に出る。 その一環として、官兵衛と櫛橋家の娘・力(酒井若菜)との縁談を進めるが、官兵衛を嫌う 力の兄・左京進(金子ノブアキ)は猛反発する。 そんな折、官兵衛は、力の妹・...
申し訳ない事に日曜日には見れなかったのですが視聴率、上がったのですね♪♪ よかったよかった(^0^)全国的に20%超えてほしいですね♪今日は見ながら感想です、読みづらい文章に...
『軍師官兵衛』第3回「命の使い道」 おたつ(南沢奈央)は浦上清宗の婚礼の夜、宿敵、赤松軍の襲撃を受けます。 官兵衛(岡田准一)が救出に向かいましたが間に合わず、虫の息のたつを発見。 時すでに遅く、おたつは官兵衛の腕の中で逝ってしまいました・・・・。 この出来事で、赤松への復讐、おたつの仇討ちで頭がいっぱいになった官兵衛は近習の仕事も気がそぞろ・・・ この様子を指して...
[2014/01/21 11:37] 世事熟視〜コソダチP
公式サイト 政略結婚の宴席を宿敵・赤松家が急襲し、官兵衛(岡田准一)はおたつ(南
[2014/01/19 21:45] 昼寝の時間
幼馴染のおたつを失い、復讐心に萌える官兵衛。 それを諌めたのは・重隆。 若者は血気盛んなのが取り柄と言われているけど、官兵衛もその例外ではなかったのか。 復讐心に駆られて命を失うより、もっと世界を見てみろと言ってくる重隆。 すぐに重隆は亡くなってしまうが(『人間五十年』の時代だからねえ。) 一方、織田信長は斎藤龍興の攻略に成功。 墨俣一夜城(これはフィクションという可能性...
婚礼の夜、おたつ(南沢奈央)は宿敵、赤松の軍勢に命を奪われる。 怒りと絶望のあまり復しゅう心にかられる官兵衛(岡田准一)を、祖父・重隆(竜雷太)が 「命の使い道を考えろ」と諭す。 心の晴れぬ我が子を見かねた職隆(柴田恭兵)は、官兵衛を堺への旅に送り出す。 官兵衛は道中、荒木村重(田中哲司)という牢人(ろうにん)に命を救われる。 村重の案内で堺に向かう官兵衛は世界の広さを知り、生...
公式サイト 元服した官兵衛(岡田准一)は、主君・小寺政職(まさもと・片岡鶴太郎)
[2014/01/14 15:39] 昼寝の時間
大河ドラマ「軍師官兵衛」。第2回、忘れえぬ初恋。 官兵衛は元服して、小寺政職の近習として仕えるようになる。 そして、初陣も経験する。
[2014/01/13 23:07] センゴク雑記
第二回にして真の主人公の岡田様発動!テンポ早っ!でもこのくらいでちょうどイイんでしょう!なんたってこれからの人生、波乱バンジョー祭りですものねええ~! それで本日が初恋が敗れる話なんですか?先週のおたつちゃんとの約束がどんな悲しい結末を迎える事か吾亦紅~。
[2014/01/13 22:34] 真田のよもやま話
第一話「生き残りの掟」はこちら。 その視聴率は18.9%。「八重の桜」の初回にも
[2014/01/13 21:04] 事務職員へのこの1冊
官兵衛に家来が出来ました… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401120001/ 【送料無料】軍師官兵衛ぴあ価格:780円(税込、送料込)
[2014/01/13 19:57] 日々“是”精進! ver.F
大河ドラマ「軍師官兵衛」第2話は元服した官兵衛は小寺氏の近習となってから初めての初陣を迎えた。相手は赤松家!迎え撃った小寺軍だったが、赤松軍の罠と見抜いた官兵衛はこれ ...
という訳で 2回目から見ることになった「軍師官兵衛」、改めて感想書かせてくださいませ(^^)まずはわたしは戦国時代は好きなんですが織田信長さんはかなり知識がありません(^^;)m(__)m...
「孫子」は「武経七書」の一である。 およそ二千五百年前に孫武が著したと言われている。 「計篇」「作戦篇」「謀攻篇」などの十三篇よりなる。 今回、官兵衛が引用したのは・・・「行軍篇」よりの一言である。 「行軍篇」は進軍の四つの原則と・・・敵情探知の三十二の原則を述べており・・・「半進半退者、誘也」は敵
元服した黒田官兵衛。 今回は彼の初恋の物語らしい。 まあいつの時代にも青春時代ってのがあるもんだな。 小寺正職。 赤っパナがえらい印象的なのだが、片岡鶴太郎が演じるとえらい間抜けにみえる。 実際優柔不断な性格だそうだが、官兵衛の才を見抜くあたり、人を見る目にたけていたのかもしれない。 てなわけで始まる官兵衛の初陣。 その中で縮まる初恋の相手・おたつとの距離。 青春時代...
元服した官兵衛(岡田准一)は、政職(片岡鶴太郎)の近習となり、初陣の時を迎えた。 敵の陽動作戦を見抜いた官兵衛は、絶体絶命の左京進(金子ノブアキ)を救うが、逆恨み されてしまう。 同じころ、宿敵・赤松家への対抗策として、黒田家に政略結婚の話が持ち上り、官兵衛の 幼なじみ・おたつ(南沢奈央)が花嫁に選ばれる。 お互い憎からず思いながら引き裂かれてしまう官兵衛とおたつ。 そして婚...
脚本:前川洋一/演出:田中健二、本木一博、大原拓/音楽:菅野祐悟/プロデューサー
[2014/01/10 23:12] 昼寝の時間
人は生かしてこそ使い道がある---------!! 「命を粗末にするな。 生きられよ----!!」 秀吉の名代して小田原へ向かった官兵衛だった---------なシーンから始まった今年の大河ドラマ。 時は戦乱の時代。 今年は大好きな岡田くんが主役なので、1年ほくほくと...
うーん、と考えこんでしまいました。 今年最初に読んだのが「大河ドラマの50年」と
[2014/01/06 22:40] 事務職員へのこの1冊
大河ドラマ「軍師官兵衛」は戦国時代秀吉の軍師として仕えた黒田官兵衛の生涯を描いたストーリーで官兵衛の若き日の播磨姫路城時代から秀吉に仕え天下統一、そして家康に従い東軍 ...
さてさて今年は戦国ターンの大河です。戦国乱世の終焉を願った男?似たような事をあの方やこの方もおっしゃってたような気もする吾亦紅。いっそあれですね、戦国を終わらせたのは誰か決定戦とか・・・結局水掛け論で収集が付きませんか?これは失敬。先ず初回のテーマはサバイバル、厳しい時代ですよねえ。
[2014/01/06 19:03] 真田のよもやま話
第1回「生き残りの掟」  視聴率18.9%
[2014/01/06 19:02] またり、すばるくん。
『軍師官兵衛』がいよいよ始まった。  冒頭の小田原城攻めでは「生きられよ」  今回のラストでは「生きのびよ」  作品を貫くテーマは「生きる」ということのようだ。  さて官兵衛という人物。  今回は少年期の姿を通して次のように描かれた。 ・好奇心が旺盛  ビ...
[2014/01/06 18:37] 平成エンタメ研究所
「三略」は「武経七書」の一である。 太公望が書いたとされるがこれは偽りであるらしい。 黒田官兵衛は母親の死後・・・読書に熱中したと伝えられ・・・兵法書に通じ、軍師適性を得たのである。 「將謀欲密」は三略の内、上略に述べられ「将軍が策謀を行う時は秘密にすることが必要である」という意味です。 日本ではこ
冒頭、花を摘んでた少女が、いきなり戦乱に巻き込まれる、諸行無常な始まりで、うわぁ、びっくり。戦国という、サバイバルな時代を象徴してますそれにしても、子供時代の、万作君(のちの官兵衛)けっこう、熱中型で行動力抜群なら、好奇心旺盛。でも、それゆえ、はみだして大人達のトラブルに巻き込まれる顛末なぞ、うわ~っでした。えらいぞ、決死の覚悟で救いだしに行く父上そんな中でも、淡い初恋があったりして… (^...
[2014/01/06 17:59] のほほん便り
第一回「生き残りの掟」 
[2014/01/06 17:15] Akira's VOICE
嫡男として… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401050001/ 【送料無料】軍師官兵衛(1) [ 前川洋一 ]価格:1,470円(税込、送料込)
[2014/01/06 17:14] 日々“是”精進! ver.F
『軍師官兵衛』第1回「生き残りの掟」 1590年 小田原 秀吉の本陣。 家臣が「殿下、ひと思いにひねり潰しては?」 ちょうどその時、官兵衛(岡田准一)が馬で参上。 (保険のCMの老けメイクとは雲泥の差!) 「お待ちください。」 馬から下りて片足を引きずりながら秀吉のもとに近づいた官兵衛。 岡田准一、40代半ばのメイクが渋い。 黒を基調とした装束もシャープで美し...
[2014/01/06 11:59] 世事熟視〜コソダチP
時は戦国。 のちの天才軍師、黒田官兵衛(岡田准一)は播磨、姫路城主の嫡男として生まれた。 幼名は万吉。好奇心旺盛な少年だった。 父・職隆(柴田恭兵)は、主君である小寺政職(片岡鶴太郎)の領地を守るために日々奮戦していた。 そんな中、万吉は病弱な母・いわ(戸田菜穂)のため、薬草を摘みに敵の領内に入ってしまう…。 同じころ、木下藤吉郎(竹中直人)は、織田信長(江口洋介)と運命の出会...
いよいよ始まった軍師官兵衛 藤村志保のナレーションがなんか抜けているけど。 冒頭、官兵衛が血を流さず、矢を抜けながら北条氏との和睦交渉に当たったという話があるけど、もちろんこれは作り話だろう。 もちろん秀吉のブレーンとして、参謀として作戦を授けたのは確かであろうが。 『寛永諸家系図伝』などによれば黒田氏は、賤ヶ岳山麓の近江国伊香郡黒田村の出身とされるが、定かではない。孝高の祖...
      江戸時代前期にかけての武将・大名。 孝高は諱で、一般には通称をとった黒田 官兵衛(くろだ かんべえ)、 あるいは出家後の号をとった黒田 如水(くろだ じょすい)として広く知られる。 豊臣秀吉の側近として仕え、調略や他大名との交渉などに活躍した。 竹中重治(半兵衛)と双璧をなす秀吉の参謀であり、 後世「両兵衛」「二兵衛」と並び称された <キャスト> 岡田...
最新トラックバック